1. ホーム
  2. お尻ニキビの知識
  3. ≫お尻ニキビにワセリンは効果がある?

お尻ニキビにワセリンは効果がある?

お尻ニキビにワセリンは効果がある?

乾燥対策に人気のワセリンですが、お尻ニキビにも効果があるという話をちらほら聞きます。

でも、本当にワセリンがお尻ニキビに効果はあるのでしょうか?

最初に言っておくと、

ワセリンは【あるニキビ】には効果があります。

でも、逆効果になるニキビもあるので、ちゃんと症状をみて使ったほうがいいですね。

乾燥した肌にはいい保湿剤ですよね^^

ワセリンの成分は?

ワセリンは100%ミネラルオイルです。

水分の蒸発を防ぎ、乾燥からお肌を守ってくれる効果があります。

ワセリンといえば、私が思いつくのは

リップバーム

ですね。

乾燥した季節にリップクリームとして使うというイメージです。

そのほかにヘアワックスの代用として髪に使ったりもいろんな使い道にがありますね。

香りがないので、香料が苦手な方が使いやすいですね。

POINT

 
【ワセリンの効果・効能】
手足のヒビ、アカギレ、皮ふのあれ、その他皮ふの保護
 

ワセリンは乾燥肌のように、肌がガサガサしている症状を軽くする効果があります。

ワセリンが皮膚をコーティングしますから皮膚から水分が失われるのを防ぎます。皮膚トラブルを治してくれているのではなく、蓋の役割をして皮膚の力を発揮するお手伝いをしてくれてるんです。

ワセリンは鉱物油ですので、塗るとベタベタしますしテカテカしてしてしまうので、使う分量に注意です。

肌が乾燥せず水分をキープする為の皮脂膜の代用として薄く塗りましょう。

沢山ぬったからといってさらに効果が高いというわけではありません。
 

ワセリンはお尻ニキビに効果がある?

ワセリンはズバリ保湿剤です。

なので、ワセリンにはニキビを治す作用はありませんが、油ですから毛穴の汚れを取れやすくしたり、肌の乾燥を防ぐ働きがあります。

しかし、ワセリンそのものに「ニキビ」を治す効果は期待できません。

むしろワセリンを塗ることで毛穴が閉じますし、石油系の油のため悪化する可能性もあります。

さらに、紫外線の強い時期に、顔や腕など肌を露出している場所に塗ると「油焼けをする原因」となります。
(今回はお尻ですからあまり関係ありませんけどね^^)

お尻は皮脂分泌が意外と多い部分ですので、ワセリンの油分によってさらに毛穴が詰まってニキビの原因になる場合があります。

ニキビを引き起こす原因菌として知られている“アクネ菌(正式名称:プロピオバクテリウム・アクネス)”は、酸素を嫌い油を好むという性質を持っているからですね。

ですが、
ニキビの症状の中でも「白ニキビ」はワセリンで予防できる可能性があります。

白ニキビができる原因は、毛穴のつまりです。

ようするに、肌が乾燥し、角質が増えると、毛穴がつまり白ニキビができます。

ワセリンは強力な保湿効果で乾燥を防ぎ、肌本来のバリア機能を回復します。

これにより角質の過剰発生を防ぎ、白ニキビの発生を抑えます。

ですが、炎症を起こしている赤ニキビは、すでにアクネ菌が増殖した状態。

そこへワセリンを塗ると、アクネ菌にとっては願ってもない好環境となるため、ニキビの炎症はどんどん悪化してしまいます。

そのためネットの口コミなどで「ワセリンがニキビに効果がある」という人の話を鵜呑みするのは危険です。

自分のお尻ニキビの症状を把握して使ってみるといいですね。

ただ、保湿だけなく炎症を抑えたり、黒ずみ対策も一緒にしたいなら「お尻ケア専用クリーム」を使う方が【お尻がきれいになるまでの時間を短縮】できるのでおすすめです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA