1. ホーム
  2. おしりニキビの悩み
  3. ≫【ガサガサ】お尻の乾燥の原因と対策

【ガサガサ】お尻の乾燥の原因と対策

お尻を触ると

「これは本当にお尻??」

と疑うほどガサガサな状態になってることが。

お尻は皮脂の分泌が多い部分ですが、状況によるもガサガサになることがあります。

ガサガサすることだけならいいんですが、それが黒ずみやざらざらの原因にもなるんです。それは嫌。

ここでは、お尻の乾燥の原因と対策についてご紹介します。

お尻が乾燥する原因は?

圧迫や摩擦

乾燥するのは、座っているときに受ける圧迫、そして服や下着などによって繰り返される摩擦が原因の一つです。

例えば、頬杖やヒジをついているとヒジが黒ずんでガサガサになってしまいます。お尻の肌でもこれと同じことが起こっているのです。

肌は外部から刺激を受けると、メラニンを作り出して肌を守ろうとするはたらきを持っています。

お尻の肌も繰り返し受ける摩擦や圧迫から肌を守ろうとしてメラニンが生成され、肌が黒ずんでガサガサになってしまうのです。

特にデスクワークをしていると、ほぼ1日中座っている状態が続くので、その分刺激を受け続けています。
あと、自転車に良く乗る場合もサドルが合ってない場合がお尻が圧迫されて乾燥の原因になってることも。


 
冷え

体が冷えて血行が悪くなると全身に水分が行き渡らなくなり、肌が乾燥します。

お尻は脂肪が多く、あまり動かない部分ですから血行があまりよくないので冷えやすいんです。

特に長時間デスクワークで座っているなら特にそうです。
当然汗もかくことも少なくなるので湿度もなく乾燥してしまいます。


 
暖房器具

電気カーペットなどの暖房器具はかなり乾燥します。温かくていいんですけどね。
その上で長時間座っていると、冬の時期ガサガサになります。


 
ゴシゴシ洗い

ボディソープを使い、ナイロンのボディタオルでお尻をゴシゴシ洗うこと。

これは肌を乾燥させます。強い界面活性剤を含むボディソープは、肌の中の潤い成分まで落としてしまいます。


 

お尻をつるすべにする対策

お尻の負担を減らす

一番はお尻の負担を減らすことが乾燥を防ぐ方法です。

とはいっても仕事をやめるわけにもいきません。ですから負担をへらしていきましょう。

例えば、

  • クッションを使用する。
  • 定期的に立ち上がってお尻周辺の血行を良くする。

などがおすすめです。

また締め付けがキツイ下着も、乾燥の原因になります。
自分の体型や肌質に合った下着を選び、下着による摩擦をできるだけ無くしてあげましょう。


 
半身浴

乾燥を防ぐには体の血行をよくし、老廃物を排出することです。

そのための半身浴はおすすめです。

半身浴は38~40℃の、ややぬるいくらいの温度が適温。水位はみぞおちよりも下くらいがいいでしょう。

浴槽内でお風呂の椅子に座って高さを調整するのもおすすめ。お湯で絞ったタオルを肩に掛けて、上半身が冷えないようにします。
20~30分、体全体が温まったと感じるまでつかりましょう。


 
洗い方に気を付ける

肌に傷をつけずに洗いましょう。

そのために、体を洗う時は低刺激のボディソープやせっけんをよく泡立てます。

乾燥がひどいときはボディソープなしでも大丈夫です。

そして洗う時は絶対にタオルやあかすりなどでこすり過ぎに注意。そんなことをしなくても汚れは落ちます。
石鹸を十分に泡立てて「泡」で洗うようにしましょう。


 
保湿

まずは、お風呂から上がった後すぐに保湿をしましょう。

乾燥を防ぐために大切です。

お風呂から上がってすぐ、まだお肌が柔らかく潤いが残っている間に、気になる箇所にすばやく塗りましょう。決してゴシゴシ擦らず、優しく撫でるようにつけるのがポイントです。

この時に、使う保湿クリームはどんなものがいいでしょうか?

市販のボディローションやクリームの中には使用感をよくするために香料や着色料などが使われているものがほとんどです。

特に肌トラブルがない方はこうしたアイテムでもOKですが、摩擦や圧迫によってダメージを受けたお尻の肌には刺激の少ないアイテムを使用するのがベストです。

香料や着色料の他にもパラベンや鉱物油、アルコールといった乾燥や肌トラブルを招きやすい成分も無添加のものを選ぶようにしましょう。

また、お風呂上りに保湿クリームを塗るとベタついてすぐに下着を身に着けられないから、嫌だという方も多いですが、さらっと浸透してくれるジェルタイプを選べば、ベタつきも気になりません。

お尻は顔の何倍も角質層が分厚いですから顔用の美白化粧水や美容液を使っても浸透しない可能性もあります。できればお尻の肌専用のアイテムを使ったほうがいいでしょう。


 

おしりの乾燥対策でお尻を肌トラブルから予防しよう

お尻のざらざらや黒ずみの原因は、乾燥や摩擦によるものです。

そこで重要になってくるのは、保湿ケアです。

顔に使用している化粧水や乳液でも悪くないのですが、お尻は顔と違い角質層が厚いので、浸透がイマイチかもしれません。

オススメはお尻ケア専用の保湿成分たっぷりのクリームを塗ることです。

毎日、いろいろなコスメを使っている顔の肌と違って、お尻のような普段ケアしていないパーツはスキンケアの成果が出やすいパーツでもあります。

乾燥はそのまま症状を放っておくと、黒ずみやニキビなどの肌トラブルの原因になりますから、気になるならケアを始めてみてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA