1. ホーム
  2. お尻の黒ずみについて
  3. ≫お尻ニキビ跡をきれいに消す方法。太ももの裏からお尻にかけてひどい。どうしたらいい?

お尻ニキビ跡をきれいに消す方法。太ももの裏からお尻にかけてひどい。どうしたらいい?

太ももの裏を見るたびにすごく憂鬱。お尻にかけてニキビ跡がすごいんです。
これだと水着を着ると確実に見える位置にニキビ跡があるんです。
どうしたらいい??

ここではお尻のニキビ跡のケア方法についてご紹介します。

おしりのニキビ跡は4タイプがあります。

ニキビ跡には4つの種類がある?

おしりのニキビ跡を分類すると、大きく4つに分けられます。その特徴を一つひとつ挙げていきますので、まず自分のお尻ニキビ跡がどんなタイプなのか知りましょう。

炎症後の赤いニキビ跡

ニキビ跡が赤くなっている場合は、炎症タイプです。

ニキビ跡が赤くなっているのは、まだ炎症が治まっていないのが原因です。ニキビの芯がなく、痛みがないなら化膿が治っているのでだんだんと消えていきますが、まだ痛みがある場合は、しっかりケアする必要があります。この時点からちゃんとケアすると黒ずみになりにくくなります。

色素沈着によるニキビ跡

茶色くなっているニキビ跡は、炎症後の色素沈着が原因で残ってしまったニキビ跡で、顔などにできるシミと同じです。

紫外線や外部からの刺激を受けると、肌を守るためにメラニンが分泌されて肌が黒ずみますが、ニキビなどの炎症もメラニンを増やす原因になるのです。ニキビの炎症が強いほどこの色は濃くなります。

時間はかかりますが、肌のターンオーバーが正常に行われると、このニキビ跡は古い角質と一緒に落ちていきます。ですが、肌のターンオーバーが乱れていたり、日焼けをしてしまうと、色素沈着タイプのニキビ跡になってしまうのです。

クレーターのようなニキビ跡

肌の表面が凸凹してしまうニキビ跡は、ニキビが繰り返しできることで、肌が傷つき、皮膚の下の「真皮」という部分が傷ついてしまうことでその部分が修復せずに傷が残った状態です。

こうなると自分では修復不可能です。専門機関に任せましょう。

ニキビ跡が盛り上がる「しこりタイプ」

このニキビ跡は、炎症が繰り返し起きてできたもので、さわるとしこりがある状態です。

ニキビによって炎症が起こると、そのダメージが肌を守るために過剰に細胞が作られた結果しこりができます。

Uゾーンや顎の下にこのしこりニキビ跡ができやすいですが、まれにお尻にもできることがあります。

しこりタイプの場合は、皮膚の下の部分でできているので、自分で治療するのは難しいです。

いずれのタイプも、速やかに炎症を治すことがなによりも大切ですから、放置せずに適切なケアを行いましょう。

お尻つるすべ!タイプ別のスキンケア方法は?

赤いニキビ跡のケア

赤いニキビ跡はまだ症状が軽いので自宅のケアで十分に解決できます。

赤くなっているニキビ跡は、まだ炎症が残っているので、炎症を抑える成分と、ターンオーバーを促す成分が入っているものを使いましょう。

炎症を抑える成分としては、グリチルリチン酸2kという成分が代表的です。
あとアルブチンです。

アルブチンは、メラニンを作らせない効果があり、炎症によるニキビ跡には効果があります。

まだ炎症が残っているので油断せずに今以上に炎症が起きないように注意しましょう。

色素沈着タイプの改善方法

色素沈着しているニキビ跡に関しては、美白ケアを行って黒ずんだ部分のメラニンを抑制することが大切。

色素沈着は黒ずみと同じですから時間はかかりますが、気長にケアをすることで改善することができます。

そのために肌のターンオーバーを促していきましょう。必要なのは保湿をしっかりすることでターンオーバーを即させて、美白成分でメラニンが今よりもできにくくすることです。

ビタミンC誘導体には皮脂分泌を整える働きがあり、コラーゲン生成を促して肌にハリを与え、凸凹肌を整えます。

クレータータイプのニキビ跡はどうする?

肌の表面が凸凹してしまっているクレータータイプは、自宅でのセルフケアは難しいです。もし、クレーターのような凸凹をきれいに治したいのであれば、美容外科や美容皮膚科に相談するのが一番いいです。

とはいってもお金がかかるし、お尻の治療は気が乗らない!

そんな自分で今よりも状態を良くしたいと思うなら、保湿成分が高いもので保湿を徹底的にすることと、ニキビ跡ケアができるアイテムを利用するのも一つの手だと思います。

さらにお尻ニキビ跡予防に大切なこと

生活習慣を整える

睡眠不足や栄養バランスの偏りは、肌のターンオーバーが乱れる原因になります。そのため、まずは生活習慣を整えることから始めましょう。

生活習慣を整えるに大切なのは睡眠です。睡眠は1日6時間以上をとるようにしてみてください。

また、栄養バランスに関しては、肌のターンオーバーを促すビタミンA、亜鉛、ビタミンB、Cを意識して摂ってみるといいでしょう。どうしても食べるものが偏る場合は、サプリメントを活用すると便利でおすすめです。

肌をしっかり保湿する

ニキビ跡が残りやすい肌は、水分量を保持する機能が低下していることが多く、皮脂の分泌が過剰になりがちです。また、ニキビ跡をきれいにしたいと思って、しつこく洗ってしまうと皮脂を取り過ぎてしまうと肌が乾燥します。肌が乾燥すると角質の柔軟性が失われ、ターンオーバーが遅れがちになります。

ニキビ跡をスムーズに消すためにも保湿はしっかりしましょう。

お風呂上りに乾燥した状態で放置せずに保湿クリームを使ってください。この時にお尻のニキビ跡を改善するために美白成分が配合しているアイテムを使うおすすめです。

できるだけ早く美白ケアを始めましょう。早ければ早いほど治りがよくなります。

ちなみに美白成分で代表的なのは以下のとおりです。

・トラネキサム酸
・ビタミンC誘導体
・プラセンタエキス

すでに色素沈着が起こってしまった際に特に注目して見ていただきたい成分です。プラセンタエキスはメラニンの生成を抑制し、代謝を高める働きがあり、ニキビ跡改善にはとてもおすすめ。

色素沈着タイプのニキビ跡は比較的改善しやすいので、諦めずに美白ケアを始めるといいですね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA