1. ホーム
  2. お尻の黒ずみについて
  3. ≫お尻のニキビ跡を消す市販薬「オロナイン」「アットノン」は効果がある?

お尻のニキビ跡を消す市販薬「オロナイン」「アットノン」は効果がある?

お尻のニキビ跡対策に

市販薬は効果があるのか?

ということで、代表的な2つの「オロナイン」と「アットノン」を調べてみました。

お尻のニキビ跡にオロナインは効果がある?

オロナインは大塚製薬から販売されている皮膚用抗菌軟膏剤です。
正式名称はオロナインH軟膏。

市販でどこでも買えますね。

オロナインの有効成分「クロルヘキシジングルコン酸塩液」の効果は、殺菌、消毒作用です。
そして、他の主な効果は保湿です。

成分をみると、オロナインはニキビに効果はありますが、ニキビの状態によっては、治らないで症状を悪化させてしまう可能性があるので注意が必要です。

そして、肝心のニキビ跡ですが、効果がありません。

そのため、炎症をともわない赤み、シミ、色素沈着、クレーターのニキビ跡の症状にオロナインを塗っても効果がありません。

もし、ニキビ跡が乾燥していて、かゆみの症状がでている場合などには使ってもいいかもしれませんが、基本的には効果は期待しない方がいいですね。

オロナインに美白効果がある?

あと、ネットでときどき

「オロナインは美白効果があるから色素沈着や黒ずみが白くなる」

といった情報がありますが、オロナインには美白成分は配合されていないので注意が必要です。

保湿成分が配合されていますので、ターンオーバーが促進されて古い角質が落ちやすいということはあるかもしれません。 

うわさがあったとしても、そのまま信じるのではなく、成分をチェックすれば、どんな効果があるのかわかるので確認してみるといいですね。

お尻のニキビ跡にアットノンは効果がある?

アットノンは、小林製薬が製造・販売する外皮用薬です。

ドラッグストアで市販されているほか、Amazonなどの通販サイトからも購入可能です。

傷あと・やけどのあとを改善していくジェルタイプの傷あと改善薬です。

有効成分である「ヘパリン類似物質」が傷あとの奥にある皮ふ組織の再生を促すと言われていますが、このアットノンは最近、ニキビ跡にも効果があると話題になっています。

実際に、成分をみるとお尻のニキビ跡に効果があると言えます。

具体的にどういったタイプのニキビ跡に有効かと言うと、赤みのあるニキビ跡と色素沈着したニキビ跡でしょう。

まず、抗炎症作用がニキビ跡の赤みを抑えて、ニキビ跡をきれいな状態にもどしていきます。

また、肌のターンオーバーを促すことでメラニンを排出し、色素沈着したニキビ跡を改善してれくます。

ただし、凸凹とクレーター状になったニキビ跡は、有効成分がなかなか浸透しないために、アットノンを使っても効果はあまり効果が期待できません。

どれくらいの期間、使うといいかというと、目安は28日。
新陳代謝の周期は28日だからです。個人差があり、年齢が増えるともっと期間は長くなります。

アットノンはこの間にじっくり作用していくので、ニキビ跡をなおす目安にしてください。

ただし、アットノンはニキビ跡を直すものではないですし、内容量は15gと少量で、お尻のような広範囲には不向きです。

あくまでもあくまでも傷跡を直す薬ですのでその点は注意してください。

注意!薬には副作用があります。長期作用は肌に負担が。

薬はある症状に対して効果のある成分が配合されている反面、

効果が高い分、肌に刺激が強いことは頭に入れておいてください。

継続的に使っていると副作用がでる可能性がでてきます。

なので、使用期間は長くても2週間にしてください。

ニキビ跡は3か月ほどで変化が感じられるので、肌の負担を考えるとこれらの市販薬を使うのはあまりおすすめできません。

お尻のニキビ跡を消すには専用のアイテムを使おう

お尻のニキビ跡をきれいにするためには、オロナインやアットノンよりも専用のクリームがおすすめです。

理由は、赤みや色素沈着などのニキビ跡を改善するために、美白成分が配合しているアイテムを使ったほうが効果的だからです。

たとえば、ビタミンC誘導体やプラセンタエキスですね。

ちなみに、ピーチローズに含まれている「天草フラボノイド」という成分は、抗炎症効果があるうえ、ビタミンCの250倍の美白効果があるといわれています。

保湿成分など美容成分がたっぷり入っているのでお尻ニキビ跡だけでなく、ニキビ予防も可能です。

もしニキビ跡になってしまったときは、できるだけ早く美白ケアを始めましょう。早ければ早いほど治りがよくなります。

また、十分な睡眠時間の確保、脂っこい食べ物をひかえるなど、生活習慣の見直し、ストレスの発散もニキビやニキビ跡の改善には大切です。

肌を綺麗に若々しく保ちたいと考えているのならば、普段からの予防が大切です。

ご自身の生活習慣を見直し肌に良い生活を送るように心がけるようにしましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA